ゲストハウス入門【GREBAS-GUEST HOUSE- (グレバスゲストハウス) 】

生活はどんな感じなのかな?

気になるゲストハウスライフ

共同生活?!外国人と住む!となると、どんな生活を皆さんが送っているのか非常に気になるところですよね?だけど、これが意外と普通なのです。住人のほとんどが会社に勤めている、学校に通っているなどばらばら。なので、基本的に生活リズムは人それぞれです。たまにすれ違ったり、接するタイミングがあれば挨拶や話をするくらいでしょう。
ハウスによっては、住人で飲み会やパーティーなどが開催されることもありますが、これも参加は自由です。
親しくなる人も入ればそうでない人もいます。ただ、不審人物だと思われないように最低限の挨拶や自己紹介はしたほうがいいでしょう。
このページのTOPへ

ゲストハウスはこんな人たちが住んでいます。

入居が簡単、他の住人との距離感、そしていつでも移動できるという自由なところが魅力なのがゲストハウス。なので実に様々な人が住んでいます。

  • 会社員・派遣社員・フリーターなどの社会人
  • 海外で居住経験のある社会人・学生
  • 急に引越しをしなければならず、一時的に入居している人
  • 仕事の出張等で来ている人
  • 一時的に日本に帰国した人
  • 大学生・専門学生
  • 短期滞在の外国人・英会話教師・牧師・外資系の会社員・観光客
  • 外国人留学生
  • 英語の勉強をしている人
このページのTOPへ

注意すべきことも理解してください。

やはり1つ屋根の下、育った環境も国籍も違う人と暮すわけです。自分ひとりの家ではありません。ですので、自由の中にもモラルを守って生活をしましょう!

あいさつ

まずは住んでいる方に不審人物だと思われないように、簡単でいいので自己紹介を。更に共用スペースがある限り、当然顔を合わせます。その時はやはりあいさつを忘れずに。そうすることによりお互いが住みやすい環境になります。これは会社でも学校でも同じことですね。

コミュニケーション

一緒に住んでいるからといって、みんなとわいわい暮したいという人ばかりではありません。他の人と仲良くなるのも、プライベートを保ちながら生活することも自分次第です。コミュニケーションは上手にとりましょう。

トラブルは運営業者へ相談

他人と暮らしているということは、それなりの意識が必要です。マナーやルールはきちんと理解し実行しましょう。しかし、万が一住人同士でトラブルがあった場合、なりそうな場合は運営業者に相談するのもよいでしょう。

このページのTOPへ
  

トラブルはどうする?!

ゲストハウスではごく稀にトラブルが起きます。ただし、ポイントを抑えればそれを未然に防ぐこともできるし、深刻になる前に早期発見することもできます。ではそのポイントとは・・・?

重要!運営業者の訪問頻度をチェック
いざトラブルが発生した場合、頼りになる運営業者とそうでない業者とでは、その後が随分違ってきます。
一番重要なのは、「管理担当者(管理人)の訪問頻度」です。運営・管理の責任者がどのくらいの頻度でゲストハウスに訪れているかチェックしましょう。一定の頻度で訪れることでトラブル予防・早期発見をすることができます。
さらに、住人と顔見知りになることで、住民間のトラブルが起きた時もしくは起こりそうな時にもすばやく察知できることも。そうすることにより大きな問題になる前に防ぐことができます。
また、住民同士で注意しあったりするよりも、第三者の管理担当者がさりげなく言うほうが、角が立たなかったりするもの。入居者が不快にならないような対応ができる担当者がベストですね。
ただし、何でもかんでも運営事業者が面倒を見てくれるわけではありません。あくまでも、ゲストハウスを円滑に運営するのが仕事。入居者の個人的な相談、入居者同士の個人的な喧嘩には介入しないのは当然です。住人同士のトラブルは起きないように、他人への配慮とマナーは非常に大切です。
※ ご紹介した内容については、あくまで一般的な情報です。
※ 詳細については、各事業所・ゲストハウス等によって違います。その都度確認をお願いします。
このページのTOPへ


比較カート

カートに物件がありません。


最近見た物件