ゲストハウス入門【GREBAS-GUEST HOUSE- (グレバスゲストハウス) 】

初心者のためのゲストハウス入門!

「ゲストハウス」と聞いて皆さんはどのような所を想像しますか?辞書を引いてみると、「元来は高級下宿をいう語(大学などの)訪問者の為の宿泊施設」とあります。
しかし、日本では元の意味とは少し違った意味で使われています。果たして、ゲストハウスとはどんなところなのか、ご紹介していきましょう。

ゲストハウスって何?

共同スタイルの賃貸住宅
ほとんどのゲストハウスは、昔一般の民家だったところや企業の社員寮だったところです。寝室は個別にあります。しかし、普通の賃貸物件との大きな違いの1つは、キッチン・バスルーム・洗面所・トイレ・玄関などは共用になっているところ。また、コモンルームという入居者がコミュニケーションを図れる共用スペースもあります。
「共用」と聞いて少し抵抗を感じる人もいるかも知れません。でも、実はハウスの規則に沿い入居者の方々はのびのびと生活されています。
敷金・礼金0(ゼロ)円!!
ゲストハウスは、現在東京周辺に200件以上が運営。20代~30代を中心とした若者に人気で数千人が利用しています。そして今も急増中!にもかかわらず、空室予約を入れないと入居ができないというほど実は人気が高いんです。その理由の1つがこれ。なんといっても初期費用が最小限に抑えられること。
ただし、入居時に預かり金(デポジット・入室金など運営業者により言い方は様々)を納めるのが条件。金額はそれぞれだが1万円~4万円くらい。何にも問題がなければ預かり金は退去時に全額返金されます。賃貸住宅を借りるときに比べ驚くほどの安さなんです!
ゲストハウスを運営する業者がいる

ゲストハウスには建物の運営・管理・入居者の管理を行う業者がいます。ルームシェアとの大きな違いはここ。個人がその運営業者と個別で契約を結びます。運営業者によってハウスカラーが様々。自分に合った業者選びが成功の鍵をにぎります!

保証人不要!

ゲストハウスには、賃貸住宅を借りる際に必要な保証人制度がありません。もともと短期にしろ長期にしろ、日本に滞在する外国人向けに作られ始めました。ここ日本では外国人が部屋を借りるということが非常に難しいのです。なので負担を少しでも軽減したいとのことでしょう。入居が簡単というのも人気の1つですね。ただし、緊急連絡先(親族)の提示は必要です。

このページのTOPへ


比較カート

カートに物件がありません。


最近見た物件